30代 女性 薄毛

太くて硬く、真っ黒なため、重たく見られてしまう。

私の髪の毛は、太くて硬く、量も多い、さらに色も真っ黒なため、どうしても重たいイメージになってしまいます。

 

悩み始めたのは中学生の頃からでした。
思春期を迎え、みんなが外見に気を使うようになり、
この髪の毛の印象からか、外見に自信が持てずにいました。

 

人の印象でヘアスタイルは重要です。
髪の色を明るくするだけでも大分印象が変わることは
わかっていましたから、規則のゆるくなった高校生から
髪の毛の色を明るく保っています。

 

これによって印象も変わり、外見に対するコンプレックスも
少なくなりました。

 

また、太くて硬い髪の毛は、顔にかかるとチクチクと
いたく、肌も敏感なため荒れやすいので、
美容院で、オーダーする時は必ず「顔にかからないように」と
お願いしています。

 

それから、肩にあたる長さだと、寝癖が付いた時に
なかなか直らないので、もう何年も肩にかからないボブスタイルにしています。

 

 

基本的には、現在は美容院のオーダーによって悩みが緩和されいますので、自宅でのケアはあまりしていませんでした。

 

しかし、カラーリングを何年も何年も続けるのは、
髪へのダメージが少し気になるところでもあります。

 

今までは、年齢も若かったので抜け毛や白髪という悩みは
なかったのですが、これからその悩みの種が少しづつですが
見え隠れし始めています。

 

これからは、自宅でのケアも少しづつ加えていこうかなと考えているところです。

 

そのケアで是非取り入れてみたいのは、「頭皮ケア」です。
実は、頭皮のマッサージは硬い髪をやわらかくする効果も期待出来ると美容師さんに教えてもらいました。

 

「頭皮ケア用のシャンプー」はすでに使い始めているので、
マッサージもこれからしていこうと思っています。